理学療法士向けの勉強会に参加しましょう

介護の現場では様々な資格を持った人が活躍しています。

そういった仕事の一つが、理学療法士です。


理学療法士というのは、障害を持っている人や怪我などで後遺症が残ってしまった人たちの、社会復帰を訓練を通じてサポートしていく仕事になります。

例えば、手足が不自由な人に対しては、体の曲げ伸ばしの訓練を手伝ったり、方向訓練の介助をしたりします。



現場では、ケースワーカーの他、ヘルパーさんや作業療法士などとも協力することがあります。

また、資格を持っていれば実際の作業や訓練に当たってリーダー的な役割を果たすこともできます。
療法士に要求されるのは、責任感や使命感などで、患者さんや利用者がどのようなことに悩んだり困っているのかを見抜く力も要求されます。
また、コミュニケーション能力も必要です。

理学療法士になるには、国家試験にパスしなくてはいけませんが、もちろん資格を取っただけでは現場では通用しません。資格を取得した上で、様々な経験を積んでいく必要があります。

朝日新聞デジタルの情報を確認できるサイトです。

そんな時には、療法士向けの勉強会に参加するのが良いでしょう。


理学療法士の勉強会では、専門の講師が招かれて実技指導や講義が行われます。



理学療法士向けの勉強会は、初心者に向けたものや上級者を対象としたものなど、様々な種類のものがあります。

まる一日かけてしっかりと研修することができるので、すでに療法士として働いている方でもさらなるスキルアップを目指すことができます。